※注意※ 
引き続きシンセ購入を検討されている方以外はきっと読んでも面白くない記事ですwww



もう一度言いますが、私車持ってないのです。

だから前回書いた通り、最軽量のシンセを購入したのですが、
なぜか今は鍵盤2つ持ち運びしてます。
(厳密にいうと3つ)


なんで2台目を買うことになったかと言いますと。。

2015年末でもう1人のいとしのエリーズのシンセ担当が長期休業することになりまして、
とりいそぎ2人分演奏する必要ができてしまったからなのです。
そこでわたしはエリーズの楽譜をバーっと書き換えてみてイメージしました。

そうするとですね。
どうしても鍵盤が足りないのです。



↑足りない編成。

もちろん、先に音作っちゃえば足りないわけないのですが、
そんなのつまらないじゃないですか?
全部弾いた方が断然面白い。
そうなると鍵盤足りないな~。
じゃ買えばいいや!
となったわけです。



最軽量とはいえ88鍵のシンセともろもろ機材をあわせると14キロほどあったかと思いますが、
大型の息子を5歳くらいまでずっとだっこして歩いていたことを思い出して、
よし。20キロまでならいける。
と判断しました。


2台になるとミキサーも必要だから、
ミキサーと合わせて20キロ・・・・・。

ふむふむふむ。


とりあえず重量の条件があうもの探し。

たしか、このサイトなどを見た記憶が。

最初は61鍵のを探していたのですが、
JUNO-DSは本体だけで5.3キロ。
KROSSは4.3キロ。
KING KORGは7キロ。
ROLANDのV-comboは5.5キロ。
YAMAHAのMOXF7.1キロ。

うーむ。
ミキサーの重量もあわせるとなるとみんなちょっと重い。
KROSSなら20キロで収まりそうだけど88鍵と機種同じってどうよ。
うーむ。


しかも、急だったからそんなに高いの買えないし…という悩みもあったり。
うーむ。


そんなに重いのがダメなら
いっそのことmicroKORGとかでもいいのか??
いきなりぶっ飛んだ候補を思いついたり。
うーむ。。



散々悩んだところで、現物見ないと始まらない!
とりあえず、お店に行って相談してみよう!

ということでお邪魔したのは島村楽器横浜ビブレ店

島村楽器さんはものすごくやさしくて、初心者丸出しの感じでもあたたかく迎えてくれます。


そしてまた今回も初心者丸出しな感じで押しかけてみました。


「すみませーん。電車で持って歩けるシンセありますか?」



【つづく】