ブログって難しい。

鍵盤弾き ほんまくみこ のページです。

機材つぶやき

最近、ライブのことばっかり書いてたので今回は電車移動する鍵盤弾き用ミキサー選びについて書いてみます。
わたしみたいな条件で探す人はあんまりいないだろうから世の中の役には立たないだろうけどww



ピアノじゃないものを弾くにあたって、いろいろとものを揃えてきましたが、機材選びって難しいですよね。。


最初に買ったミキサーを選んだときはやっぱり軽さ重視でした。
だって、krossとmxと周辺機材合わせて重量20キロに収めようとしてましたからね。


というわけで、
【条件】
1.軽い。
2.鍵盤ケースの脇ポケットに入る。
3.2台+鍵盤ハーモニカを繋げることができる。
4.鍵盤ハーモニカにエフェクトかけられる。
5.鍵盤買ったばっかりだったから、お財布に優しいやつ。
6.もちろん音質もある程度は…(´⊆`*)ゞ


こんな感じの条件で探しました。

最初は某有名機材通販サイトで探していたのですが、メーカー?によってスペックの書き方が違ったり、詳しく書いてあるのとないのとがあったりで、結局いろんなページに飛んで調べなくちゃならないし、
そもそも何書いてるのかわからない!
(いつものことですがこれはわたくしの問題)

というわけで、ある程度の目星だけつけて、このときはイケベ楽器さんに駆け込みました。


イケベの店員さんも優しかったなぁ。

条件を伝えたら
そもそもそんなに電車に持ち運ぶの無理じゃないです?
鍵盤を小さいのに変えたらどうです?
とか、
midi鍵にしてMac持ち歩いたら?
とか、
いろんな提案をしてくれました。


全部お断りしましたけどね。
だって鍵盤買ったばっかだったし!!!

というわけで、店員さんにミキサー選びに戻っていただいたところ、
鍵盤2台にケンハモだから6chあれば足りるけれど、
それは今だけの話。
機材増えません??
増えたらまたすぐ買い替えになるので
8chとか10chあたりが良いのでは?
と提案してくれました。
確かにそれは一理ある。
ふむふむ。


でも、出してきてくれたミキサーのサイズみて一言。


ポッケに入らない(ㆀ˘・з・˘)


突然ですが
★付属ケースのポケット事情★
mx49の専用ケースのポケットはサイズも小さくマチもないです。
薄っぺらのiPadを入れたらイッパイになってしまうほどなのでぜんぜん頼りにならないと思ってください。
何か入れたかったら別の汎用のケースを買うべき。

kross88のケースには88鍵の半分くらいのサイズのマチ付きポケットがついているので、シールドやスイッチ、ペダルなど諸々入ります。


というわけで、
わたしはkrossのポッケにすべて入れています。
そうなると、krossのポケットをもってしても、ミキサーが入る隙間はちょっとしかないのです。
だから、この瞬間わたしが買えるミキサーは6chに限定されました。。


そこで店員さんが出してくれたのはYAMAHAのMG06X


やっとちゃんとしたの提案してもらえたwww
しかも条件全てクリアするどストライクのやつ!!!

イケベ楽器やるじゃん!!

この子は900gと軽いし15cm×20cmとコンパクトなので、krossの空いたスペースにおいても使えます。
マイクスタンドにつけることもできるので、邪魔にならないです。

そして、XLRのアウトがあるので、DIはさまずに直で音を取ってもらえるのも便利。(シールド減らせるのがありがたい(´⊆`*)ゞ)

難点という難点はなくて、
欲を言えば、マイクのとこじゃなくてもハイとローを調整できるようにして欲しかった、という程度。
この価格でこれならコスパ高いと思います。
エフェクトもリバーブとディレイ3種類ずつあって、いい感じで効いてくれるので、ほんと重宝していました。




友人のスタジオでallen & heathのミキサーに出会うまではね。。。。


〈つづく〉

さて、2台目のシンセを探すべく押しかけた島村楽器にて。
この間の続き。



まずは近くにいた店員さんをとっつかまえて、
普段わたしが88鍵持って満員電車に乗ること。電車でライブに行くこともあること。
できなきゃ困ること、やりたいこと
ぜーんぶ伝えてみました。


88鍵持って電車ってとこでまず笑われましたが、島村楽器は笑うだけで終わらなかった!

『そうなると重さはかなり大事ですね〜』なんて言われて出てきたのが
小型犬並みの軽さがウリだというYAMAHA MXでした。

ほんっっっっっとに軽い!!
ほんとにトイプー 並!!

でも、軽すぎてもそれはそれで心配になるわけで……。


次は音を確認しながら店員さんを質問ぜめに。


ストリングスの音は特にいい感じ!タッチによってピチカートになったり、アクセントついたり様々。
息を使うフルートやハーモニカなどの楽器もkrossより息っぽさが出て良い感じてした。
わたしがKROSSの音で物足りなく感じていたところをみごとにカバーしてくれそうな予感がしました!


気になる音切れも、ディスプレイに表示されている2音間では切れないことがわかりました。

スプリットとレイヤーは2音しかできないけど手順は簡単。フェイバリット機能もある。


49鍵で足りるかなぁ。
61鍵にしようかなぁ。
でもこの49鍵の軽さいいなぁ。


もうこれ買っちゃえばいいじゃん!!
と、悪魔の囁きが聞こえてきましたが、グッとこらえてさらに質問!




…。
…。

( ´_ゝ`)

やっぱりいいことだけではありませんでした。
(回し者じゃないのでなんでも書きますw)

【残念ポイント】
音を変えるスイッチが
サスティンペダル刺すところを使うので、
スイッチかダンパーか
どちらかしか使えない。

わたしは迷わずスイッチを選べましたが、
だけどこれ、結構困るんじゃないかと思いました。。


でも、シンセ選んでてびっくりしたのですが、コンパクトなシンセには電源とかスイッチ類を刺すところに結構落とし穴があるのですね。
USBしかつなげません。とか
スイッチ類はどれが1こしか刺せませんとか。
なので、この欠点はMXに限ったことじゃないですね。


あとはレイヤーとスプリットが簡単なのは長所だけど、2つの音以上できないというのは欠点だとも思いました。


88鍵で、ピアノとしての表現力が素晴らしいのにこの機能がついている!
というのであればよいのかもしれないけれど、そうではないですしね。

わたしはメインのKROSSがあって、こっちはあくまで足りない音用だったので2音で問題ないと判断しましたけど。。



さて!
ここまで理解するのに2時間ほど。
質問し尽くして、欠点も理解した!


ということで、ここまでつきっきりで対応してくださった島村楽器さんへの感謝の気持ちの代わりに購入を決めました!


※すみません。これを読むと私が即決したかのように見えますが、実際はこの前にも他の楽器屋さんでちゃんといろいろ見てますwww。でも、いろいろ聞いてもピンとこなかったので割愛しました。





しかし後日談。
これは買ってから気がついたのですが音変えのところでやっぱり問題が。。
音が切れないのは特定の条件を満たした時のみで、その他のときは当てはまらないのです。

エリーズのライブでマストの
足でカチカチ音の切り替えする使い方は
「その他のとき」に該当するらしく……_:(´ཀ`」 ∠):

切れるのです…_:(´ཀ`」 ∠):



というわけで、上下二つの鍵盤をベストなタイミングで切り替えられるように
相変わらずわたくしは裸足です。


そのうち車を買ったら
鍵盤も買い換えて
素敵な靴を履いてライブができるようにしたいものです。



おまけにいうとスパイダー系のスタンドだと49鍵はギリッギリですwww
一応お知らせ。


でも、欠点もまたかわいいもんで、
使ってるうちに愛着がわきますね。

こんなにボロクソに言ってますが、
壊れたらまた同じ子を買っちゃうかもしれないなぁ。


※注意※ 
引き続きシンセ購入を検討されている方以外はきっと読んでも面白くない記事ですwww



もう一度言いますが、私車持ってないのです。

だから前回書いた通り、最軽量のシンセを購入したのですが、
なぜか今は鍵盤2つ持ち運びしてます。
(厳密にいうと3つ)


なんで2台目を買うことになったかと言いますと。。

2015年末でもう1人のいとしのエリーズのシンセ担当が長期休業することになりまして、
とりいそぎ2人分演奏する必要ができてしまったからなのです。
そこでわたしはエリーズの楽譜をバーっと書き換えてみてイメージしました。

そうするとですね。
どうしても鍵盤が足りないのです。



↑足りない編成。

もちろん、先に音作っちゃえば足りないわけないのですが、
そんなのつまらないじゃないですか?
全部弾いた方が断然面白い。
そうなると鍵盤足りないな~。
じゃ買えばいいや!
となったわけです。



最軽量とはいえ88鍵のシンセともろもろ機材をあわせると14キロほどあったかと思いますが、
大型の息子を5歳くらいまでずっとだっこして歩いていたことを思い出して、
よし。20キロまでならいける。
と判断しました。


2台になるとミキサーも必要だから、
ミキサーと合わせて20キロ・・・・・。

ふむふむふむ。


とりあえず重量の条件があうもの探し。

たしか、このサイトなどを見た記憶が。

最初は61鍵のを探していたのですが、
JUNO-DSは本体だけで5.3キロ。
KROSSは4.3キロ。
KING KORGは7キロ。
ROLANDのV-comboは5.5キロ。
YAMAHAのMOXF7.1キロ。

うーむ。
ミキサーの重量もあわせるとなるとみんなちょっと重い。
KROSSなら20キロで収まりそうだけど88鍵と機種同じってどうよ。
うーむ。


しかも、急だったからそんなに高いの買えないし…という悩みもあったり。
うーむ。


そんなに重いのがダメなら
いっそのことmicroKORGとかでもいいのか??
いきなりぶっ飛んだ候補を思いついたり。
うーむ。。



散々悩んだところで、現物見ないと始まらない!
とりあえず、お店に行って相談してみよう!

ということでお邪魔したのは島村楽器横浜ビブレ店

島村楽器さんはものすごくやさしくて、初心者丸出しの感じでもあたたかく迎えてくれます。


そしてまた今回も初心者丸出しな感じで押しかけてみました。


「すみませーん。電車で持って歩けるシンセありますか?」



【つづく】

↑このページのトップヘ