ブログって難しい。

鍵盤弾き ほんまくみこ のページです。

ライブのその後

今年はぜーんぜん桜を見る暇なく過ごしていたのですが、ピアノ伴奏のおかげで
ちょっとだけ見上げる時間がありました。
なので、今日はピアノ伴奏と桜のお話を。


先々週に出来上がったばかりの曲と
少し前に出来た曲を持って
先週末に上大岡からバスに揺られて永谷高校に。
IMG_2591
(リラックマがかわいい上大岡駅)


高校の桜はその時まだ5分咲きでしたが、山の上にある一本の桜が満開。

IMG_2587
時間はなかったのだけど、
思わず立ち止まって見上げる美しさでした。


そう。
永谷高校にはわたしの高校の音楽の先生、川上哲夫先生がお勤めで、
先生の新しい作品の演奏のお手伝いをしにきたのです。

今回は結婚祝いとして書かれた2曲、
LOVE ME AGAIN(Fl&A.Sax&Pn)
A GENTLE WIND BLEW AT THE TIME(Tp&Tb&Pn)
のお手伝い。

あ、曲名は突っ込んじゃダメですよ。
結婚祝いなのにAGAIN!?とか
言っちゃダメですよww
中身はいい曲ですw

淡くやわらかく包み込むように、と指示をいただいたのですが、ちゃんとできたかしら。。
IMG_2590
高校の音楽室。なんだか懐かしくないですか?( ´艸`)




そして昨日の本番。
IMG_2603
本番は黄金町から徒歩10分のところにある南公会堂。

初めて降りた黄金町駅は目の前が大岡川!!

満開は過ぎてしまったようですが、一本だけ、駅降りてすぐの桜が散らずに待っててくれました。
桜さん、ありがとう😊



無事?に演奏は終えて、2部の吹奏楽を息子と鑑賞。
永谷高校の吹奏楽部はなんと2人しか部員がいなくて、そのうち1人は卒業してしまうとのこと。
新入生がたくさん入りますように。

それでもこんなにたくさんの賛助が集まるなんて、素晴らしいことですね。
IMG_2608

今回は、学生が主役のコンサートで弾かせていただいたので、微力ながら影アナもお手伝い。

そしたらね。
コンサート終了後に川上先生が真っ先に
「影アナ素晴らしかった!」と言ってくださるものだから
思わず「先生そこじゃない!」と突っ込んでしまいました。



ということで、ピアノ伴奏とタイトル打った割にはピアノ伴奏のことにはほぼ触れないまま
楽しい楽しいコンサートも今日のブログも終わり!笑

来年はもう少しのんびりお花見ができるといいなぁ。


川上先生、
また新しい曲が出来たらぜひ呼んでください(╹◡╹)

日曜日にいとしのエリーズの冬眠明けライブをしてきました。



あれっ!
バンド変わったの?




驚きましたか?




驚いてくださった方
ありがとうございます。

狙い通りです( ´艸`)
これは
前のバンドのリハですww



さてさて。
会場にいらしてくださったみなさまに
まず御礼を。

久しぶりにお会いできて
なんだかとっても嬉しかったです。
寒い中お越しいただき
ほんとうにありがとうございました😊















振り返ってみると、
この日は嬉しいことがたくさん起こった1日でした。


ダンサーのゆきちゃんに
「くみさんはきっとハートなイメージ!」と、わたしのことを考えて選んだお土産をもらったり、
(ゆきちゃんありがと❤︎大事にします。)
久々に会えたのが嬉しくて、思わずサワサワ触らせてもらったり、
くみちゃーん
って声をかけてもらったり、
ビールやハイボールをもらったり、
記念に写真をとってもらったり、
うしろの方でぴょんぴょん跳ねて手を振ってもらったり、
すてきな差し入れをもらったり、
たのしかったよーと泣きそうな声で言ってもらったり、
感動の瞬間を写真におさめてもらったり、
心が一瞬であたたかくなるスペシャルな魔法をかけてもらったり。


「たり」を何回言っても足りない。。。

名前はほぼ伏せてるけど、ここに書かせていただいたみなさま。
ありがとうございました(╹◡╹)



そして、


ただならぬ腕と音楽愛をお持ちの謎のベーシストdailysunさんと
dailysunさんが誘ってくださらなかったら
絶対にご一緒させていただくことはできなかったであろうドラマー下田さんに
心より感謝申し上げます。



ありがとうございました!


さいごに
横に広がりすぎて全員写りきれてないけど、演奏隊と、

いつもかわいいダンサーと、
いつも支えてくださる身内のみなさま、カメラマンのみなさま、お疲れ様でした(╹◡╹)
また次回もよろしくお願いします❤︎





2018.2.27 ほんまくみこ

響木のコンサートしてきました。

今回の響木は
わたしの憧れのホール、ムジカーザでの開催でした。

代々木上原の住宅街に佇むホールは
思った通りの素敵なホール。
暖かな照明と響きあう木(とたまに鉄。)というコンセプトにぴったりのホールでした。

いつもながら、この柔らかであたたかな空気感を作り出すk-taさんを尊敬します。

入り口からして素敵なムジカーザ。

ピアノ、今回は2016年製のスタインウェイでした。

k-taさんのアートなビブラフォン。

これは、優希さんのスティールパン。
中身をまじまじと見たのは初めてでしたが、音の配列がピアノのように整列してないのに驚き。
そして、パンとこのスティック?
たったこれだけであんなにたくさんの音色を紡ぎ出すことができることにも驚き。
スティールパンは奥が深い。

また、k-taさんの世界を作り上げるのには竜馬さんの照明とU-kaさんの映像がなくてはならないのですが、
今回、k-taさんのオリジナル、Silent Snow Stepsの映像は
本物の雪をわざわざ撮影したものでした。
絶対に丸くなくて、ひとつとして同じ形がなくて、思ったよりまっすぐ落ちていくものや、ふわっと舞うもの。
それはもう、美しかったです。(といっても本番は見られませんでしたが。)


響木はこんな「素敵」がそっと寄り添って出来上がったコンサートでした。

そして、この柔らかであたたかな空気の中で、今回もキレッキレ?のk-taさんトークが炸裂したことは内緒です( ´艸`)



ところで、
来場いただいたみなさまから素敵なお花をいただきました!
ものすごく嬉しい❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎

さっそく飾らせていただきまして
玄関やお部屋、どこに行ってもお花があってマックス幸せな状態に(╹◡╹)

ありがとうございました😊

ゆかさん、ネージュさん、よしえさんご夫妻と記念写真♬


ご来場いただいたみなさまに改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!


ぜんぜん話は変わりますが、
最後に今年の抱負をひとつ。
k-taさんをみてて
わたし、少し考えました。

今年たくさん準備して、
来年、コンサートしようと思います。

今思いついたばかりだけど、
ちょっと頑張ってみようかと。

どうぞよろしくお願いいたします。


久々にちゃんと投稿します。(やっぱりブログは難しい。。。)



昨日は緑区の児童美術展の表彰式でコンサートをしてきました♪



今回は、緑区民音楽祭登録アーティスト仲間、ヴィオラの小堀まやかさんと
念願かなってご一緒させていただくことができました。
2013年に長津田のアートパークでのコンサートで初めてお会いして以来(のはず)なので4年越しの願いでした。


まずは、小堀さん、緑区民音楽祭のご関係者のみなさま、
声をかけていただきありがとうございました。

実は今回の会場もアートパークだったのですが、
4年前に小堀さんに出会ったのもアートパークでした。
なんだかドラマチック


~プログラム〜

子犬のワルツ(ショパン・ピアノソロ)
美しきロスマリン(クライスラー)
動物の謝肉祭(サン=サーンス)より
白鳥


天国と地獄(オッフェンバック)

ビリーヴ(小学生がなぜかみんな知っている合唱曲)



子どもが知っていて、飽きずに最後まで聴くことができるプログラムになるように一生懸命考えたのですが
いかがでしょうか?
飽きずに最後まで聴けそうな内容になっていますか?



ちなみに、亀からの天国と地獄は小堀さんのアイディアで、
亀で「これ何の曲だっけ・・・・・?」と思わせてからの原曲演奏で
子どもたちにハッとしてもらおう。という考えでした。
面白いですよねー。
(当日のプログラムにも天国と地獄は書かずにいきなり演奏♪)


原曲との差をだすために、亀はゆっくりゆっくり演奏することにしたのですが、
指定がAndante Maestosoのところを
わたしたちはなんと♩=39で演奏。

もうね、
遅すぎて、
メトロノームが次いつ鳴るかわからなさすぎて
タイミングがつかめないのww
速い曲より練習大変でした・・・w

でもおもしろかった♬


小堀さん、また次の機会を楽しみにしております❤︎



最後に
防音室なしの我が家で朝から晩まで弾き続けても
何も言わずにいてくださる
ご近所のみなさまに感謝ですm(_ _)m

昨日もサザンビーチにいってきました。
いとしのエリーズ2017夏の千秋楽のために。

季節が変わったあとのビーチは海の家がなくて人も少なくて
なんだか急にすっきりしてしまった感じでした。




そんなすっきりサザンビーチでのライブ。
今日はクローズドだって聞いていたけれど、思ったよりオープンな環境になってました。
太っ腹なクライアントさんでよかった(*´ー`*)


リハの後のフリータイム。
サザンビーチには何度もお邪魔してたけれど、遅い時間にフリーでいることがなかったから、この景色はすごく新鮮。
海からの心地よい風を受けながら、
刻々と変わる景色を眺めて、
海辺のグダグダタイムに付き合ってくれたメンバーと話したり、お弁当食べたり、ぼーっとしたり。

ダイヤモンド富士は見られなかったけれど、良い時間でした。




さて。
ライブのことに一言も触れずに締めようとしてますが。



昨日、いつもライブに来てくださるとある方にライブ後にかけていただいた言葉。
わたしはそれを大事に胸にしまって
次のステップを踏み出す準備をします。
ありがとうございました。

↑このページのトップヘ