サムネイルの画像にまったく意味ない画像を入れてみました♬
しかも酒♬
クスクスクスクスクスクス🤭

はい!どうでもいいですね。
本題入ります。



ピアソラの曲は学生時代からチョコチョコと演奏して来ましたが、
新しい楽譜を見るたびに必ず
「なんでこんなのピアニストに弾かせるかな?」
と思うのが常。

でも、弾いてるうちに
いつもいつもぴったり身体に馴染むのも常。

フランスのおしゃれな楽曲は何をやっても馴染まないのにwwww
(というまさかの理由でわたくしフランスものはほとんど演奏しません。)




そんなわたくしに、
今年また新しいピアソラさんがやってきました♬

今度は
Le Grand Tango(グランタンゴ)


いつにも増して
「ピアソラさん、何故に??」と
問う箇所が多いですが
いつにも増してカッコいいwww

このラストの部分なんてもうね…
IMG_2913
このテンポでチェロとユニゾンで
sffzで16分音符で跳躍もするのかー。
もうもうもうもうもうもう。


っと言いたくなる難しさなのですが、ピタッとあうと鳥肌立つのですよ。(まだチェリストとは合わせてないけど、たぶんそうなる予定ですww)


というわけで
鳥肌立つために
現在絶賛譜読み中デス。。


こちら、9月にお披露目させていただきます♬




記事を書きながらふと
わたし、昔はどんな風にピアソラ弾いてたかしら?
と気になって学生の頃のCDを引っ張り出してみました。。。


そして
聴いてみました。。。



いや。
恥ずかしい。。
恥ずかしすぎる。。

聴いた後
この記事を推敲のため読み返してみたのだけど、
「ぴったり身体に馴染む」とかいっちゃダメでしょう?
とひとりツッコミしたくらいww



そして
こっそりCDを棚に戻したのは
いうまでもありません。
封印してやる!!!笑笑


我が家にはこうして封印された音源が山のようにありますww
いつかネタにしようっとww



というのは置いといて、
昔のはお聞かせできないのでこちらだけ。
1年ちょっと前のピアソラです。
室内楽団Metamorphoseのコンサート@かなっくホール

天使の死は
ラストで鍵盤の端から端まで一気に移動するので
踏ん張って立ち上がらないと重心移動が間に合わないのですが
この時は左足骨折しててこれ以上立てなかった
ある意味貴重な演奏ですwww


ちなみに、この動画の演奏会、
なんだか学校名が前面に出た不思議な感じになっているでしょう?

わたくしの母校の
毎年一回、OBOGの音楽家を呼んでコンサートを開催する、というなんとも素敵な企画に乗らせていただいたものだったのです。
(関係者の皆様、その節はお世話になりました。)

編成は違うけどこんな感じで演奏します♬

ちなみに、グランタンゴお披露目の日は
9月29日。
ご興味持ってくださった方は
ぜひご予定空けておいてくださいね❤︎

詳細はまたブログにアップさせていただきます♬



ではでは。