日暮里のホテルラングウッドでのライブ
2days。
2日目の帰り道は雨。

じっとり重い空気がわたしの肌にも心にもまとわりついてきて、わたしのすべての機能を止めにかかってくるような。
そんな帰り道でした。
きっと、疲れてたのですね。



ライブは2daysとも満員御礼。
両日ともあたたかなお客様に囲まれて、演奏するのも楽しかったです。

会場で売っていない、わざわざ仕込んでくださったであろう光るグッズをフリフリしてくださったり、すっごいノリノリで踊ってくださってたり、ご飯そっちのけでずーっとスタンディングで聴いてくださってたり。

最後、ホテルのシェフの方までお仕事そっちのけで光るうちわをフリフリして聴いてくださってたのも印象的でした。
あとで怒られなかったかしら。


考えてみると、わたしが初めてこちらで演奏させていただいた3年前と比べて、ずいぶんと変化しているようです。
初めての時は、終始カチャカチャと
お皿にカトラリーが当たる音を聞きながらのライブでしたもの。


というわけでセットリスト。
【1日目】
1.チャコの海岸物語
2.波乗りジョニー
3.いとしのエリー
4.三ツ矢サイダー
5.若い広場
6.100万年の幸せ
7.涙のキッス
8.真夏の果実 
9.愛の言霊
10.希望の轍
11.ラブアフェア
12.エロティカセブン
13.TSUNAMI

en.1ホテルパシフィック
en.2.勝手にシンドバッド


【2日目】
1.波乗りジョニー
2.Dirty Old Man
3.いとしのエリー
4.三ツ矢サイダー
5.若い広場
6.100万年の幸せ
7.涙のキッス
8.真夏の果実 
9.愛の言霊
10.希望の轍
11.ラブアフェア
12.エロティカセブン
13.TSUNAMI

en.1ホテルパシフィック


ところで、
やすくんがもうすぐエリーズを引退してしまうのです。

室内楽とか伴奏とかだと、共演者と同期できるようにそのヒトの呼吸を感じて、そのヒトの動きに全神経集中させて演奏するのですが、
やっぱりエリーズのライブでもそういう曲があって、
今回のセトリでいうと真夏の果実なんかがそれです。

やすくんがどう思いながら演奏しているかはわからないし、
ほんとは
全曲そうしやがれって話なのだとも思いますが、そこは置いといて、
全神経集中させてた相手が
もうすぐいなくなると思うと、
涙がこぼれますよね。


だから
今年の夏の真夏の果実は
わたしにとって
悲しい曲。


悲しい気持ちが
聴いてたみなさんにまで伝わってしまっていたらごめんなさい。




さてさて、気持ちを入れ替えて別の話など。。

【ライブの裏側】
今回、2日目はつばささんのアイディアでメンバー全員がどこかしらにひよこをつけていました。

みにきてくださったみなさま、気がつきましたか?
わたしはここでした。
他にもいろいろ。


あと、今回うちのゆーやがわたくしの憧れ、ヒヨコちゃんをつばささんからいただいて帰ってきました。
今朝はじめてじっくり見せてもらったのだけど、じんわり心があたたかくなりました。


今日は暗い文章が多かったので、最後にじんわりしてもらえたらいいなぁ。



明日からは西武園ゆうえんちでの花火大会2daysです。