ブログって難しい。

鍵盤弾き ほんまくみこ のページです。

2017年08月

実は、先日の夏倶楽部ライブのとき
右足の親指の裏に小さな傷ができていて、水ぶくれみたいになっていました。


朝はそこまでひどくなかったのですが
午後になり、
だんだん育ってきて
痛みもひどくなったので
海の家から爪楊枝をいただいて
刺して穴を開けてみました。

ほら、水さえ出ちゃえば楽になって
とりあえずは家までたどり着けるだろう。
そういう判断。




ちなみに、
わたくし
浦沢直樹さんの漫画、マスターキートンが大好きなんですよね。

豊富な知識と柔軟な発想でどんな状況にも対応できるキートンみたいになるのが目標なのです。


そんなわたくしの応急処置の結果はというと…。
(補足:もちろん家であらためてちゃんと処置しましたよ。)



 
一晩経っても全然痛みがひかず
しかたなく病院へ。。


もうね、
事情を話したときの先生の顔の怖いこと怖いこと。


爪楊枝のこと
言わなきゃよかった!!!!(;ω;)


もっと酷くなってたらウチじゃどうしようもできないよ?
骨、溶けちゃうこともあるんだよ?
点滴とか大変だよ?

と、
患部をぎゅーぎゅー押されて
ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
とちいさーな悲鳴をあげながら
怒られるおっきな大人( ;∀;)


しばらく裸足も禁止ですって



キートンはまだまだ雲の上の存在でした。



【今回の教訓】
爪楊枝で身体を刺してはいけません。



本日は茅ヶ崎でライブです。
今日は一般開放もありだそうでリストバンドもらったので記念に一枚。
(オープンライブだって今日知った)

この右っ側の華奢なのがわたくしの腕
といいたいところですが、
残念ながらわたくしのはこの逞しい左側。

むすこの時計を勝手に借りてみたら
メンズにしか見えない。。

ちなみに
この華奢な腕はダンサーユキちゃん。

昨日のようなお天気にはならなかったけど、雨もパラつく程度でなんとか持ちこたえそうですね。


ライブまであと1時間です(╹◡╹)

ではまたのちほど。
続きを読む

世の中の小中学生が夏休みの宿題に追われている頃だと思いますが、本間家も然り。



中学3年生になる息子の音楽の課題は 
「クラシック音楽を一曲鑑賞して、楽曲について調べてレポートにすること。」
でした。

なんとざっくりなお題でしょう!


さすがに先生もざっくりすぎると思ったのか、一応オススメの作曲家と代表曲リストも用意してくださっていたので
その中からテキトーにCD聴いて気に入った楽曲について書けばよいかと思いました。


が!


なぜか息子は
「お母さんの弾いたやつでもいいですか?」とわざわざ先生に質問してオッケーもらってきたそうな。


……。
なぜわざわざそんなこと聞くかね?



CD聴けや!!!
と言いたいところですが、
ママへの期待を裏切ったらいけない。


ということで
しかたなくリストを見ると、

まあ予測はできましたが…


オペラとか
シンフォニーとか
コンチェルトとか
ピアノ曲じゃないやつとか…



うーむ。。
わたしへの挑戦状か?これ??


オペラなんて弾くより歌った方が早いし
わたしシンフォニー好きでないし。。



余談ですが、ピアノコンチェルトを聴きたくてコンサートに行くと、ほぼもれなく先にシンフォニーを演奏するじゃないですか。
子どものころそれが大嫌いでした。
早く早くっ!と思いながら聴いていた記憶しかない。。
だから今でも好んでは聴きません。
(オケのみなさまごめんなさい。)


というのは置いといて。


こんな厄介な(わたしの)宿題を前に、わたくし名案を思いついたのです!

早く曲を決めさせればいいのですよ!!!

まず、リストの中からよくテレビで聴く曲を探し、有名なとこだけ弾く!
めんどくさいからアリアは歌う!
(嫌いなシンフォニーは無視!)
そしてまた弾く!

そしてわたくしの目論見通り、すぐにヤツ(ゆーや)の触手が動きました! 

まさかのアリアでwww


なんと、めでたく決まった曲?は
モーツァルトの「魔笛」


わたくしの
アッハッハッハッハッハッハッハッハ〜
に反応するとは夢にも思いませんでした。。

★「アッハッハッハッハッハッハッハッハ〜」にピンとこない方はこちらでぜひホンモノを聴いてみてください。
この動画の54秒あたり。


…。
笑っていいですよ(ㆀ˘・з・˘)
わたくしも思いましたもの。
歌ってる姿思い出しただけで笑っちゃうって。



でも、ここまでくればあとは楽チン。
本間家は資料が全て揃ってますからね!
じゃーーん!
無用の長物と化しているモーツァルトの対訳とかCDとか。
ほら、ちゃんとウィーンフィルだし。

……。

さすがにわたくしのアリアだけで音楽鑑賞を終わらせたりはしませんよ。
CDは3枚組ですっごく長かったですが、2枚目で無事ホンモノの夜の女王のアリアを聴くこともできましたよ!



ただ、
資料はすぐに揃っても
それをレポートにできるかどうかというとまた別問題。。


パワポに慣れたわたくしにとって
手書きのレポートって


『ちょーめんどくさい!』

 
だってね、書いた後に
ちょっとレイアウトカッコ悪かったなぁ
と思っても、枠をずらしたりできないのですもの。。

だから
息子が無計画に書き始めようとすると
思わず後ろから

「あ。。。。」
とか
言っちゃう。
息子気になる。
ついつい教えちゃう。
結果、わたくしがレイアウト考える。
ついでに下書きしちゃう。
息子は清書するだけ。



まあきっと、小中学生の子どもを持つ親の8割くらいはこんな経験をしているのだと思いますけどね。



で、その結果、この日の夜(昨日)に行われたエリーズのリハで
散々な演奏をしたのは
言うまでもない。。


チャンチャン。

いとしのエリーズの夏のツアーもそろそろ終盤。
(photo:ポチさん)


今回はいとしのエリーズ TOWAさんちの車を運転して西武園までライブをしに行ってきました。

新人ダンサーのエリンとあゆみん乗せての道中、
お二人がもともとやっていたという社交ダンスやKpopの話、サザン熱の話、エリンの地元名古屋の
濃密濃厚ソース?
ちがうな。
香味濃厚ソース?
そんな話で盛り上がりながらあっという間に到着。

ちなみに、香味濃厚ソースは名古屋人に欠かせない調味料だそうですよ。
とわさんちのイプサムはなぜかハイブリッド。
というのは置いといて、
次は西武園の楽屋がすごかった話。
お手洗いに続く真っ暗の通路に腕が…。

楽屋にまでこんな仕込み?をしてくださるあたり、さすがのエンタメ精神ですよね。
おかげさまでトイレ行くのが怖いのなんのってww



本番は、飲み放題のビールと花火前後のウキウキテンションのおかげで大いに盛り上がっていました。
車で一緒だったあゆみん、エリンちゃんもすごい楽しそうにキレッキレのダンスを披露してました❤︎
これからも大活躍間違いなしですね〜❤︎


ということで
【セットリスト】

1.波乗りジョニー
2.涙の海で抱かれたい
3.TSUNAMI
4.涙のキッス
5.100万年の幸せ
6.三ツ矢サイダー 
7.若い広場
8.真夏の果実 
9.エロティカ★セブン
10.ラブアフェア
11.希望の轍
12.マンピーのGスポット
13.いとしのエリー 

en1.ホテルパシフィック
en2.勝手にシンドバッド

〈2日目のみ〉
en3.みんなのうた




【おまけその1】
1日目は家族も来たのですが、ライブが見られるお席はとっくのむかしに売り切れだったため音漏れ参加。といっても家族のメインの目的は花火ですけどwww


帰り道に息子が「ママあげるね!」と写真をくれたのですが、そのセンスの無さに驚きを隠せませんでした。。

もはやリュックを背負う力もないお疲れのところを表現したかったのか。。
または後ろの祖母を撮ろうとしたらわたしが大幅に写り込んでしまったのか。。

しかも一番下には自分の指まで写り込んでる。。
中3でこのテクってどうよ?
せっかくカメラマンさんが身近にいるのだから少しはテクを学んで欲しいものです。。。


【おまけその2】
2日目の帰り道、新人ダンサーのあゆみんをご実家までお送りしたら
お父様が出てきて、ビールを何本も持たせてくださいました❤︎
なんて素敵なお父様❤︎
ありがとうございました❤︎
その日一番の感動がここに。


帰宅後、いただいたビールをありがたく頂戴いたしました。
アテのひよこちゃんピアスは、ダンサーゆきちゃんが作ってくれたもの。
お客さんからも好評でした❤︎
ゆきちゃんありがとう。
(念のため伝えておきますが、食べてはいません。)




【おまけのおまけ】
ほんとうはほかにもたくさん書きたいことがあるけれど、
うまく文字にできないので
またそのうち。

やっぱりブログって難しいですね。

日暮里のホテルラングウッドでのライブ
2days。
2日目の帰り道は雨。

じっとり重い空気がわたしの肌にも心にもまとわりついてきて、わたしのすべての機能を止めにかかってくるような。
そんな帰り道でした。
きっと、疲れてたのですね。



ライブは2daysとも満員御礼。
両日ともあたたかなお客様に囲まれて、演奏するのも楽しかったです。

会場で売っていない、わざわざ仕込んでくださったであろう光るグッズをフリフリしてくださったり、すっごいノリノリで踊ってくださってたり、ご飯そっちのけでずーっとスタンディングで聴いてくださってたり。

最後、ホテルのシェフの方までお仕事そっちのけで光るうちわをフリフリして聴いてくださってたのも印象的でした。
あとで怒られなかったかしら。


考えてみると、わたしが初めてこちらで演奏させていただいた3年前と比べて、ずいぶんと変化しているようです。
初めての時は、終始カチャカチャと
お皿にカトラリーが当たる音を聞きながらのライブでしたもの。


というわけでセットリスト。
【1日目】
1.チャコの海岸物語
2.波乗りジョニー
3.いとしのエリー
4.三ツ矢サイダー
5.若い広場
6.100万年の幸せ
7.涙のキッス
8.真夏の果実 
9.愛の言霊
10.希望の轍
11.ラブアフェア
12.エロティカセブン
13.TSUNAMI

en.1ホテルパシフィック
en.2.勝手にシンドバッド


【2日目】
1.波乗りジョニー
2.Dirty Old Man
3.いとしのエリー
4.三ツ矢サイダー
5.若い広場
6.100万年の幸せ
7.涙のキッス
8.真夏の果実 
9.愛の言霊
10.希望の轍
11.ラブアフェア
12.エロティカセブン
13.TSUNAMI

en.1ホテルパシフィック


ところで、
やすくんがもうすぐエリーズを引退してしまうのです。

室内楽とか伴奏とかだと、共演者と同期できるようにそのヒトの呼吸を感じて、そのヒトの動きに全神経集中させて演奏するのですが、
やっぱりエリーズのライブでもそういう曲があって、
今回のセトリでいうと真夏の果実なんかがそれです。

やすくんがどう思いながら演奏しているかはわからないし、
ほんとは
全曲そうしやがれって話なのだとも思いますが、そこは置いといて、
全神経集中させてた相手が
もうすぐいなくなると思うと、
涙がこぼれますよね。


だから
今年の夏の真夏の果実は
わたしにとって
悲しい曲。


悲しい気持ちが
聴いてたみなさんにまで伝わってしまっていたらごめんなさい。




さてさて、気持ちを入れ替えて別の話など。。

【ライブの裏側】
今回、2日目はつばささんのアイディアでメンバー全員がどこかしらにひよこをつけていました。

みにきてくださったみなさま、気がつきましたか?
わたしはここでした。
他にもいろいろ。


あと、今回うちのゆーやがわたくしの憧れ、ヒヨコちゃんをつばささんからいただいて帰ってきました。
今朝はじめてじっくり見せてもらったのだけど、じんわり心があたたかくなりました。


今日は暗い文章が多かったので、最後にじんわりしてもらえたらいいなぁ。



明日からは西武園ゆうえんちでの花火大会2daysです。

↑このページのトップヘ