ブログって難しい。

鍵盤弾き ほんまくみこ のページです。

実は、先日の夏倶楽部ライブのとき
右足の親指の裏に小さな傷ができていて、水ぶくれみたいになっていました。


朝はそこまでひどくなかったのですが
午後になり、
だんだん育ってきて
痛みもひどくなったので
海の家から爪楊枝をいただいて
刺して穴を開けてみました。

ほら、水さえ出ちゃえば楽になって
とりあえずは家までたどり着けるだろう。
そういう判断。




ちなみに、
わたくし
浦沢直樹さんの漫画、マスターキートンが大好きなんですよね。

豊富な知識と柔軟な発想でどんな状況にも対応できるキートンみたいになるのが目標なのです。


そんなわたくしの応急処置の結果はというと…。
(補足:もちろん家であらためてちゃんと処置しましたよ。)



 
一晩経っても全然痛みがひかず
しかたなく病院へ。。


もうね、
事情を話したときの先生の顔の怖いこと怖いこと。


爪楊枝のこと
言わなきゃよかった!!!!(;ω;)


もっと酷くなってたらウチじゃどうしようもできないよ?
骨、溶けちゃうこともあるんだよ?
点滴とか大変だよ?

と、
患部をぎゅーぎゅー押されて
ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
とちいさーな悲鳴をあげながら
怒られるおっきな大人( ;∀;)


しばらく裸足も禁止ですって



キートンはまだまだ雲の上の存在でした。



【今回の教訓】
爪楊枝で身体を刺してはいけません。



本日は茅ヶ崎でライブです。
今日は一般開放もありだそうでリストバンドもらったので記念に一枚。
(オープンライブだって今日知った)

この右っ側の華奢なのがわたくしの腕
といいたいところですが、
残念ながらわたくしのはこの逞しい左側。

むすこの時計を勝手に借りてみたら
メンズにしか見えない。。

ちなみに
この華奢な腕はダンサーユキちゃん。

昨日のようなお天気にはならなかったけど、雨もパラつく程度でなんとか持ちこたえそうですね。


ライブまであと1時間です(╹◡╹)

ではまたのちほど。
続きを読む

世の中の小中学生が夏休みの宿題に追われている頃だと思いますが、本間家も然り。



中学3年生になる息子の音楽の課題は 
「クラシック音楽を一曲鑑賞して、楽曲について調べてレポートにすること。」
でした。

なんとざっくりなお題でしょう!


さすがに先生もざっくりすぎると思ったのか、一応オススメの作曲家と代表曲リストも用意してくださっていたので
その中からテキトーにCD聴いて気に入った楽曲について書けばよいかと思いました。


が!


なぜか息子は
「お母さんの弾いたやつでもいいですか?」とわざわざ先生に質問してオッケーもらってきたそうな。


……。
なぜわざわざそんなこと聞くかね?



CD聴けや!!!
と言いたいところですが、
ママへの期待を裏切ったらいけない。


ということで
しかたなくリストを見ると、

まあ予測はできましたが…


オペラとか
シンフォニーとか
コンチェルトとか
ピアノ曲じゃないやつとか…



うーむ。。
わたしへの挑戦状か?これ??


オペラなんて弾くより歌った方が早いし
わたしシンフォニー好きでないし。。



余談ですが、ピアノコンチェルトを聴きたくてコンサートに行くと、ほぼもれなく先にシンフォニーを演奏するじゃないですか。
子どものころそれが大嫌いでした。
早く早くっ!と思いながら聴いていた記憶しかない。。
だから今でも好んでは聴きません。
(オケのみなさまごめんなさい。)


というのは置いといて。


こんな厄介な(わたしの)宿題を前に、わたくし名案を思いついたのです!

早く曲を決めさせればいいのですよ!!!

まず、リストの中からよくテレビで聴く曲を探し、有名なとこだけ弾く!
めんどくさいからアリアは歌う!
(嫌いなシンフォニーは無視!)
そしてまた弾く!

そしてわたくしの目論見通り、すぐにヤツ(ゆーや)の触手が動きました! 

まさかのアリアでwww


なんと、めでたく決まった曲?は
モーツァルトの「魔笛」


わたくしの
アッハッハッハッハッハッハッハッハ〜
に反応するとは夢にも思いませんでした。。

★「アッハッハッハッハッハッハッハッハ〜」にピンとこない方はこちらでぜひホンモノを聴いてみてください。
この動画の54秒あたり。


…。
笑っていいですよ(ㆀ˘・з・˘)
わたくしも思いましたもの。
歌ってる姿思い出しただけで笑っちゃうって。



でも、ここまでくればあとは楽チン。
本間家は資料が全て揃ってますからね!
じゃーーん!
無用の長物と化しているモーツァルトの対訳とかCDとか。
ほら、ちゃんとウィーンフィルだし。

……。

さすがにわたくしのアリアだけで音楽鑑賞を終わらせたりはしませんよ。
CDは3枚組ですっごく長かったですが、2枚目で無事ホンモノの夜の女王のアリアを聴くこともできましたよ!



ただ、
資料はすぐに揃っても
それをレポートにできるかどうかというとまた別問題。。


パワポに慣れたわたくしにとって
手書きのレポートって


『ちょーめんどくさい!』

 
だってね、書いた後に
ちょっとレイアウトカッコ悪かったなぁ
と思っても、枠をずらしたりできないのですもの。。

だから
息子が無計画に書き始めようとすると
思わず後ろから

「あ。。。。」
とか
言っちゃう。
息子気になる。
ついつい教えちゃう。
結果、わたくしがレイアウト考える。
ついでに下書きしちゃう。
息子は清書するだけ。



まあきっと、小中学生の子どもを持つ親の8割くらいはこんな経験をしているのだと思いますけどね。



で、その結果、この日の夜(昨日)に行われたエリーズのリハで
散々な演奏をしたのは
言うまでもない。。


チャンチャン。

↑このページのトップヘ